ちむどんどんのキャスト・相関図は?

2022年
スポンサーリンク

黒島結菜さんがヒロインをつとめる「ちむどんどん

2022年4月から放送開始予定です。

黒島さんの朝ドラ出演は「スカーレット」で松永三津役でした。

朝ドラ以外でも「アシガール」などNHKのドラマでの活躍が印象的です。

2022年は沖縄県の本土復帰50周年の記念すべき年。

沖縄出身の黒島さんが演じる比嘉暢子は、本土復帰前の沖縄で生まれた女性。

沖縄料理店を開くようになる成長ぶりを見守る作品となるようです。

タイトルの意味は沖縄のことばでチム(肝=心胸・心)が高鳴る様子のこと。

「ちゅらさん」「純と愛」以来の沖縄が舞台の朝ドラですから、2022年の夏は沖縄ブームが来そうですね!

ちむどんどんのキャスト相関図をご紹介します。

スポンサーリンク

ちむどんどん・沖縄編キャスト

比嘉陽子

本土復帰前の沖縄に生まれる。

のちに東京で働き始める。

黒島結菜

出演作:スカーレット

比嘉賢秀

暢子の兄

竜星涼

出演作:ひよっこ

比嘉歌子

暢子の妹

上白石萌歌

比嘉良子

暢子の姉

川口春奈

喜納金吾(きな きんご)

暢子の姉に熱く片思いするお坊ちゃん

渡辺大知

出演作:カーネーション・まれ

比嘉賢三

暢子の父

サトウキビ農家を営む

大森南朋

比嘉優子

暢子の母

仲間由紀恵

出演作:花子とアン

青柳和彦(あおやぎ かずひこ)

東京からやってきた、家族の友人

宮沢氷魚

出演作:エール

青柳史彦(あおやぎ ふみひこ)

和彦の父

沖縄を愛する民俗学者

戸次重幸

出演作:なつぞら

石川博夫(いしかわ ひろお)

姉・良子の友人で、教員仲間

山田裕貴

出演作:なつぞら

砂川智(すながわ さとる)

兄妹の幼なじみの、村の豆腐店の息子

前田公輝

前田善一(まえだ ぜんいち)

村で一軒だけの店、共同売店を取り仕切る

山路和弘

下地響子(しもじ きょうこ)

妹・歌子を導く音楽教師

片桐はいり

出演作:あまちゃん

比嘉賢吉(ひが けんきち)

比嘉家の面倒を見る、暢子の大叔父

石丸謙二郎

出演作:澪つくし

新垣(あらかき)のおばぁ

きゃんひとみ

安室(あむろ)のおばぁ

あめくみちこ

マスター

兄妹の青春を見守るサンセットバーガーの店主

川田広樹

出演作:ちゅらさん

ちむどんどん・東京編キャスト

大城房子(おおしろ ふさこ)

暢子に絶対的な力を持つレストランオーナー

原田美枝子

二ツ橋光二(ふたつばし こうじ)

暢子の直属の上司、厨房のリーダー

高嶋政伸

出演作:純ちゃんの応援歌あぐり

猪野清恵(いの きよえ)

暢子の兄と丁々発止。養豚場の勝気な娘。

佐津川愛美

出演作:スカーレット

猪野寛大(いの ともひろ)

底抜けの包容力で、暢子の兄と、娘を見守る

中原丈雄

出演作:おひさま・なつぞら

田良島甚内(たらしま じんない)

皮肉と情熱に満ち、若者たちを導く新聞人

山中崇

平良多江(たいら たえ)

夫・三郎とともに鶴見の県人会を、そして暢子を支える

長野里美

矢作知洋(やはぎ ともひろ)

暢子をいびる厨房の先輩

井之脇海

出演作:ひょっこ

大野愛(おおの あい)

暢子の大切な友人となるワーキングガール

飯豊まりえ

出演作:まれ

金城順次(かねしろ じゅんじ)

暢子の下宿の大家であり、鶴見の沖縄居酒屋主人

志ぃさー(藤木勇人)

出演作:ちゅらさん

平良三郎(たいら さぶろう)

暢子を見守り導く、鶴見の沖縄県人会会長

片岡鶴太郎

出演作:梅ちゃん先生

ナレーション

ジョン・カビラ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました