はね駒第8週(第43話~第48話)あらすじネタバレ!

1980年代

斉藤由貴さん主演「はね駒

女性新聞記者の草分けと言われた磯村春子さんをモデルに描かれています。

はね駒(こんま)キャスト一覧!

第7週のあらすじはこちら→はね駒第7週(第37話~第42話)あらすじネタバレ!

第8週は退学になったしづとなつ、くにも辞めることになり大きな騒ぎに。

松浪は3人のために頑張るのですが・・・

第8週のあらすじ

第43話

しづとなつの退学処分に抗議する声が上がる。

田島は処分の取り下げを頼むよう、2人を説得する。

だが2人とも処分に従うつもありでいた。

松浪は校長に退学処分は厳しすぎると反論。

しづとなつはすぐに実家には戻れないため、近くに住んでいるくにの家で過ごす。

2人とも地元に帰れば嫁に行かされ、もう学問を諦めなければならないと悩んでいた。

くにも学校を辞めると言い出す。

相馬では鶴次が仙台へ行くというので、やえはりんの様子を見てきてくれと頼む。

りんと節子は寄宿舎の部屋に戻る。

りんは自分だけずるいような気がしていた。

だが節子はまだ入学し半年なのだから、となだめてくれる。

第44話

りんは松浪からしづたちに宛てた手紙を託される。

その手紙には希望するなら東京の明和女学校を紹介してもいい、と書かれている。

松浪はしづたちの優秀さに期待していた。

手紙を読んだしづは東京の女学校へ行けると喜んでいた。

大好きな詩人の滝村東風の授業が受けられるからだ。

しづとなつは松浪の厚意に感激して泣き出す。

りんが学校の炊事場に行くと、なんとやえが来ていた。

やえは鶴次と一緒に仙台へ来た。

汽車代は弘次郎が手配してくれたという。

りんは外泊の許可を得て、やえと一緒に彌七のところに泊まることにした。

第45話

りんたちはきわの小料理屋で食事をする。

忙しそうにしているきわの手伝いをするといい、りんが立ち上がると酔っぱらい客に絡まれてしまう。

きわがりんは東北女学校の生徒だというと、客の1人が松浪の良からぬ噂を口にする。

生徒のボイコットを松浪がそそのかしたというのだ。

りんは「松浪先生を悪くいうな」と怒鳴り散らすと、源造も一緒になって反論してくれた。

鶴次は松浪のところで旅支度の手伝いをしていた。

2人で伝導の旅をしていた頃の思い出を語る。

そして鶴次は松浪がかなり疲労困憊していることを気遣う。

りんはしづたちのように筋を通す姿に、強く心を打たれていた。

給費生の立場なので、りんは何もできず苦しく思っている。

そんな胸の内を独り言でつぶやいていると、起きていたやえが「そう思えるなら女学校に行った甲斐あった」と言う。

第46話

松浪は東京へ行ったので、学校にはいなかった。

やえは彌七が相馬に行くついでに帰ることにした。

予定より早く松浪が戻ってきた。

すべてうまく行った、といち早くりんに報告してくれる。

しづたちの行動を評価してもらえ、明和女学校での受け入れが決まった。

学校では梅沢がしづたちの受け入れ先を考えていた。

松浪は相談もなく明和女学校に話をつけてきてしまった。

そのため梅沢は信用してもらえていないと嘆く。

さらに松浪の噂を口にした。

しづたちをそそのかし、ウィルソンを追放し校長の座を奪おうとしたと言われている。

松浪とりんはしづたちに明和女学校への転入を伝えに行く。

帰る途中、松浪はりんの目の前で倒れてしまった。

第47話

りんは慌ててやえと源造を呼びに行った。

松浪を自宅まで運び医者を呼ぶ。

過労による発熱と心臓もあまり良くないと診断された。

心配でりんは取り乱してしまう。

やえはりんを寄宿舎へ帰す。

だが授業を終えたりんは塀を乗り越え、松浪のところへ来た。

松浪は戻るようにいうが、りんはもし死んでしまったら後悔するからと、無理をしてでも来たという。

第48話

りんは自分がいないと思ってくれ、と松浪を休ませる。

翌朝、だいぶ体調が良くなった松浪。

りんは安心していた。

松浪は学校を辞めてイギリスへ行くと打ち明けた。

りんは悪い噂なら気にしなくてもいいと引き止めるが、松浪はそんな噂を立てられるような人間と思われたことにがっかりしていた。

恩師のいるイギリスでもっと学びたいという。

松浪は2学期の授業を終えイギリスへ行ってしまう。

そしてりんに1冊の聖書を渡していた。

第8週の感想

しづたちの転校が決まって良かった、と思うのもつかの間。

今度は松浪先生が学校を辞めてしまいます。

松浪先生ってなんでこんなに人から悪く言われるんでしょうね。

相馬では命を狙われてたし・・・

噂の出どころって他の先生なのかな。

で、梅沢先生は何なんですか?(笑)

編み物が得意だし、ゲイという設定なのでしょうか。

松浪先生のそばにいたい素振りをするし。

相談してくれないとヒステリック起こすし(笑)

鶴次とやえのやり取り、なんかアドリブっぽくてよかったです。

しづたちの騒動と松浪に失恋したことで、りんは人間的にちょっと成長したのかもしれません。

はね駒第9週(第49話~第54話)あらすじネタバレ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました