ふたりっ子第10週(第55話~第60話)あらすじ・ネタバレ!

1990年代

岩崎ひろみさん・菊池麻衣子さんがWヒロインの「ふたりっ子

正反対の性格の双子のストーリー。

子役時代はマナカナこと三倉茉奈さんと三倉佳奈さんが演じ、一躍人気子役となりました。

第10は森山が対局をすっぽかす。

香子も森山を探しに香住へ。

そこで思いも寄らないことが・・・

前週までのあらすじはこちら→ふたりっ子第9週(第49話~第54話)あらすじ・ネタバレ!

ふたりっ子のキャスト・相関図は?マナカナが子役出演!

第10週のあらすじ・ネタバレをご紹介します。

第10週あらすじ

第55話

昇進がかかっている対局をすっぽかした森山。

米原の妻・桂子と猿渡が森山のアパートへ行く。

麗子が洗濯をしたシャツを持ってきたところに出くわす。

森山の行方はわからないと答える。

麗子が香子の姉だと知ると、桂子は香子も奨励会に出ていないと言う。

さらに桂子は森山と麗子の関係を疑う。

このことを千有希に桂子が話してしまう。

千有希は麗子が帰ってくるなり問い詰める。

海東にフラれすぐ森山に乗り換えたこと、香子と張り合うようなことをするなんて、と愕然とする。

一方、森山は故郷へ帰っていた。

香子も森山を追い香住へ向かった。

麗子は米原や海東に森山の故郷の場所を聞き出す。

第56話

海東と待ち合わせた麗子。

森山の故郷の場所はわからないという海東。

千有希は香子を傷つけてまで、森山を選ぶのかと問い詰める。

親を捨てて光一と一緒になり、結局今のような状態になった自分と同じになるかもしれないと説得する。

麗子は森山への想いが強くなっていた。

森山は寂れた漁村で父親を思い出していた。

墓地へ行くと銀蔵が父親の墓に手を合わせていたところを目にする。

香子は森山を探しながらオーロラ輝子の公演ポスターを見つけた。

店番を頼まれた政夫は海東からメモを受け取った。

森山の故郷に関するものだった。

政夫は複雑な思いで麗子にそれを渡す。

第57話

輝子の楽屋を訪れた香子。

だが輝子は光一に会わせてくれない。

光一のほうが千有希から離れ自分を選んでくれた、という輝子。

輝子は自分のほうが光一を愛していると主張する。

光一は隠れてそれを聞いていた。

香子もすぐそばに光一がいることに気づいていた。

森山は銀蔵と真剣で対戦。

全財産を賭けたがあっさり負けてしまった。

香子は天下茶屋の自宅に電話する。

香住に光一がいたことを伝え、すぐに連れ戻すよう説得。

千有希は輝子と一緒にいる光一に会いたくないと言う。

第58話

香子は香住の民宿へ行き森山を見つけた。

逃げる森山を追い責め立てる。

森山は廃屋となった船置き場に香子を連れて行く。

もう大学にも奨励会にも戻る気はないと、光一と同じ心境だという。

香子は森山がいない世界で将棋をさせないと知ると、絶望して海へ飛び込んだ。

助けに入った森山は香子を抱き寄せてキスする。

服を乾かしている間、2人で飲み物を買いに行こうと出かける。

すると麗子がそこに来ており「森山さんが好き」と言った。

第59話

麗子は森山への想いを伝えた。

香子は奨励会に戻ってきてと懇願。

麗子は森山のアパート、香子は将棋会館で待ち、森山の出した答えを受け入れることにした。

麗子と香子は2人で一晩明かす。

麗子は森山のアパートにいたとき、キスもしたことがない特別な関係ではないという。

お互い同じスタートラインという麗子に、香子はすでに森山とキスしていることは言えなかった。

天下茶屋では政夫が千有希に待つのも愛だと励ましていた。

翌日、千有希は香住に着いた。

オーロラ輝子の宣伝カーを運転する光一。

千有希の姿を目にすると逃げるように車を走らせる。

麗子と香子は呆然としている千有希の姿を目にした。

第60話

天下茶屋に戻った3人。

千有希は心労がたたり寝込んでしまった。

英之と理佐子は芦屋で静養することを勧めた。

千有希はその言葉に甘え、店を閉めて芦屋で暮らすことにした。

森山の昇段がかかった一戦の日。

香子は自分の対局に集中できない。

麗子は森山のアパートで帰りを待っていた。

残り時間わずかとなり、ようやく森山が会場に現れる。

第10週の感想

森山は故郷の香住にいました。

香住とは実在する場所です。

今は兵庫県城崎郡香美町になっています。

森山が米原宅に差し入れしていた松葉ガニが名物。

身寄りがない森山がなんで故郷の名産を差し入れるのか?

とよくわからない設定も気になるんですけどね(笑)

いつの間にか香子にベタ惚れになっていた森山。

麗子、またフラれ・・・いやまだわからないか?

そんな偶然あるかって展開でオーロラ輝子のドサ回り先が香住でした(笑)

しかし光一は家族から逃げてしまいます。

宣伝カーで輝子が泣いている意味がわからん。

自分を選んでくれたことで泣いているのか?

あとしれっと政夫がとんでもない告白をしていましたね(笑)

麗子を幼稚園のときから好きだった!

政夫と麗子たちは8歳の年の差があります。

麗子が幼稚園ということは、政夫は中学生ぐらい。

いや小学生でもヤバいぞ。

でもこのドラマのなかではそこは許されてしまいます。

将棋を選んだ森山、つまり香子を選んだわけですが。

それはそれでまたもや問題があるのでした。

ふたりっ子第11週(第61話~第66話)あらすじ・ネタバレ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました