ひまわり第3週(第13話~第18話)あらすじ・ネタバレ

1990年代
スポンサーリンク

ひまわり第3週第13話~第18話)旨い話にゃ毒がある?

のぞみは仕事を探しますがなかなか上手く行きません。

そこで知り合った女性はなにやら怪しいのですが・・・

そして純一郎の家族と顔合わせをすることになります。

ひまわり」ヒロインはモデルから女優に転身したばかりだった松嶋菜々子さん。

物語の時代は放送当時より5年前から現代(平成8年)までとなっています。

バブル崩壊、リストラといった現代社会がリアルに描かれます。

このドラマはサブタイトルからわかるように、2週(12話)ずつで一区切りです。

では第3週のあらすじとネタバレをご紹介します。

第2週のあらすじネタバレはこちら→ひまわり第2週(第7話~第12話)あらすじ・ネタバレ

ひまわりのキャストと相関図はこちら→ひまわり(朝ドラ)のキャスト・相関図は?ヒロインは松嶋菜々子!

スポンサーリンク

第3週のあらすじ・ネタバレ

第13話

のぞみが会社を辞めたと告げると、家族は驚く。

遠回しのクビだというのぞみに、あづさは激怒。

あんなに苦労して入った会社なのに、あっさり辞めると決めたことが許せなかった。

のぞみは自分で決めたかったというが、「1人で仕事をしてきたと思っているのか」とあづさは叱る。

家庭内に不穏な空気が流れてしまう。

純一郎ものぞみの考えが甘いと指摘する。

そんな簡単に再就職先は決まらないんじゃないかと心配してくれていた。

職安に行ったのぞみ。

職員ではないのに、やけに親切に届け出の仕方を説明する女性が近づく。

その女性は犬飼サチという。

第14話

のぞみは職安で希望条件に合う仕事を探してもらうが、不景気ということもあってか1件も見つからなかった。

再び犬飼に声をかけられ喫茶店へ。

犬飼は能力開発センターの人事担当だという。

のぞみのことを褒めちぎり、会社案内を送るとの理由でのぞみに住所を聞いてくる。

薫乃はうららを連れて俳句教室へ行く。

うららは控えめながらも、歌を歌って場を和ませる。

のぞみは結婚しても仕事をする考えは変えず、求人案内を見て仕事探しに勤しむ。

第15話

のぞみは朝早くから新聞の求人広告を見て、良さそうな案件はないかと探していた。

うららと薫乃も一緒に見るのだが、条件が合わないものばかりだった。

そしてのぞみはいくつかの会社へ面接に行く。

だがあれこれ言われるだけで手応えはなかった。

以前、勤めていた会社の近くを通ると、舞子に声をかけられる。

葵も交えて食事へ行く。

面接は散々な結果だったのだが、2人には強がって詳しいことは話さなかった。

葵はのぞみが行くはずだった企画部への異動を命じられたと告白。

のぞみを蹴落とすために告げ口したわけではないと弁明。

のぞみは悔しいけれど、一緒に喜んであげた。

職安に行くと、また犬飼に会う。

しかし犬飼は他の人に決まったので、この前の話はなかったことにと断ってきた。

第16話

踏んだり蹴ったりで帰ってきたのぞみ。

帰宅して早々に、純一郎から両親が訪問したいと言っていることを聞かされる。

いきなり翌日に来ると言われ、家族は大慌て。

食事の用意は優に頼むことにした。

犬飼は自分の従業員に勧誘のノウハウを指導していた。

南田家は関口家との顔合わせを控え、そわそわしながらもそれぞれの時間を過ごす。

第17話

純一郎が両親を連れて訪問。

家に入る前に母の裕子は周辺を物色する。

のぞみと純一郎がそれぞれの家族を紹介した。

ざっくばらんに、という裕子はさっそくのぞみが会社を辞めたことを話題にする。

純一郎は裕子の言うことが気に障って落ち着かない。

乾杯の直前に裕子は、徹のことを聞いてくる。

あづさは子どもたちに嘘をつくなと教育してきたが、嘘をつく苦しさは自分が一番わかっていると話をしはじめる。

20年間、子どもたちに嘘をついてきたと打ち明けた。

第18話

あづさは20年間、徹から音沙汰なく、達也を生んだ女性は亡くなったと話してきた。

しかしそれは嘘で、あづさの友人が徹との子(達也)を身ごもったことを告げに来た翌日から徹は失踪。

その友人も存命。

薫乃は自分の孫だから、と達也を引き取ったと続ける。

あづさは達也を引き取ったことで、徹を待つことができたと話す。

毎年離婚届を送られて来ているが、今も出さずにいる。

話を聞いていた達也は「そんな男を待つ必要ない」と声を荒げる。

そしてあづさの嘘に腹を立て家を飛び出す。

裕子は申し訳ないと泣き出した。

気まずい中で食事を振る舞うが、ほとんど手を付けられず顔合わせは終わる。

その夜、突然犬飼が押しかけてくる。

あづさや薫乃、うららの前で、のぞみをセミナー講師に、と説得してきた。

スポンサーリンク

第3週の感想

今回のゲスト出演者は犬飼サチを演じる沢田亜矢子さん。

いやー胡散臭いですね^^;

自宅まで上がり込んでアレコレ話し始めるとか・・・詐欺師ってほんとにこんな感じでグイグイくるんですよね。(別に私は詐欺にあったことがあるわけじゃないですよ!)

これまで詳しい説明がありませんでしたが、のぞみが辞めたアルプスフーズは大手企業だったようですね。

確かに勝手に辞めると決めたら怒るよな。

職安で仕事探しをしていた職員は、作家の中谷彰宏さん。

この人、博報堂のCMプランナーを経て、ビジネス書や小説など幅広いジャンルの作家となっています。

大学時代に演劇をやっていたこともあり、2009年頃まで俳優の仕事もやってたわけです。

 

いろいろやってるから肩書きがよくわかりませんけど、現在もご活躍中です。
さて仕事が決まらないのぞみに追い打ちをかけるように、純一郎の両親との顔合わせ。
純一郎も突然訪問しましたよね?^^;
親子揃って人騒がせだな。
純一郎のママも面倒くさいですね。
乾杯する直前に一番聞かれたくないことを聞くなよ。
あづさも開き直って(?)本当のことをぶっちゃけてしまいました。
あづさの独白、なかなかすごいことを話しているんですよ。
達也自身も実子でないことは以前から知っていました。
しかし出生のいきさつは初めて知ることになります。
あづさの友人を孕ませ逃げるとは、かなりヤバイよ徹さん。
のぞみはあづさと徹の子だから良いけれど、達也は徹が逃げてしまったきっかけのような存在。
達也の乱は第5週からなので、そちらは置いといて・・・
厄介な犬飼サチにロックオンされたのぞみ、どうなる?
次週のあらすじネタバレはこちら→ひまわり第4週(第19話~第24話)あらすじ・ネタバレ

ひまわり(朝ドラ)の動画視聴方法は?

ひまわり(朝ドラ)の動画視聴方法についてご紹介します。

ひまわり(朝ドラ)は2022年5月から再放送されました。

こちらの放送後、1週間以内であればNHKプラスで視聴可能です。

ただしNHK受信料を支払っている人のみとなりますので(受信契約時の情報が必要なため)ご注意ください。

それ以外での動画視聴方法ですが、実はひまわり(朝ドラ)はビデオ・オン・デマンドでは配信されていません

現時点ではDVD-BOXを購入するしか方法がありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました