ひまわり第1週(第1話~第6話)あらすじ・ネタバレ

1990年代
スポンサーリンク

ひまわり第1週第1話~第6話)出るクイは打たれるの?

仕事も結婚も両立したいのぞみですが、自宅で事件が起こりそれどころではない?

ひまわり」ヒロインはモデルから女優に転身したばかりだった松嶋菜々子さん。

物語の時代は放送当時より5年前から現代(平成8年)までとなっています。

バブル崩壊、リストラといった現代社会がリアルに描かれます。

このドラマはサブタイトルからわかるように、2週(12話)ずつで一区切りです。

では第1週のあらすじとネタバレをご紹介します。

ひまわりのキャストと相関図はこちら→ひまわり(朝ドラ)のキャスト・相関図は?ヒロインは松嶋菜々子!

スポンサーリンク

第1週のあらすじ・ネタバレ

第1話

平成3年の秋、谷中にある南田家に泥棒が入り大騒ぎに。

長女ののぞみは泥棒を追いかけるが、高級車に乗って逃げていく姿を見て不自然に思う。

弟の達也は警察に届けることはないという。

のぞみの勤める会社では、所属する営業2部が無くなることに。

上司の春日に今回の失敗について業務報告の作成を命じられる。

残業中に恋人の純一郎とのデートの時間を気にしていると、春日はキャンセルするか、男は待たせておくかにしろという。

第2話

のぞみは2時間遅れて待ち合わせ場所に着く。

純一郎は文句を言いながらも待っていてくれた。

そこでのぞみのほうから純一郎にプロポーズ

一方、自宅にいたあづさは夫ののサインの入った離婚届を手にしていた。

薫乃は知人の寺崎の飼い犬・さゆりの不調を診察してくれ、とあづさに頼む。

話を聞いてみると、薫乃は寺崎と食事に行っていたことがわかる。

あづさは気にしていなかったが、薫乃は自分だけ気ままに過ごしていることを申し訳なく思った。

帰宅したのぞみは、上機嫌で薫乃に結婚の相談をしようとした。

だが薫乃はそれどころではないと話を聞いてくれない。

のぞみが電話を取ると、春日から話があると言われる。

第3話

のぞみは翌朝、会社のことと純一郎との結婚をあづさたちに伝える。

達也は純一郎のことが気に入らず、結婚には反対のようだった。

昼休みは約束通り、春日と外食するのぞみ。

春日はレストランチェーンのオープンを控える企画部へ異動が決まっていた。

そこにのぞみも一緒に、と誘いの話をもらう。

のぞみは即答で承諾したのだが、春日は企画部に行けば3年間は結婚できないと思ってと言う。

自宅前で転んでケガをしたあづさ。

薫乃に手当てをしてもらう。

今年も徹から離婚届が届いたことを話す。

どこかで元気にしていると笑い合う。

達也は真紀から付きまとわれうんざりしていた。

真紀は付き合ってくれたらお金をあげるというが、達也はそこまで腐ってないと拒否する。

第4話

純一郎から会社に電話がかかってくる。

指輪のサイズを聞かれたので、婚約指輪を用意してくれているとのぞみは察する。

夜は優の店で葵たちを呼び食事をする。

のぞみは結婚と仕事を両立させると意気込むが、葵は絶対無理と反対する。

優が夜なのにサボテンを店の外に出していたことを不思議に思うのぞみ。

帰り際、葵はのぞみに嫉妬していたことを打ち明け謝る。

そして葵は会社に戻り、1人で残業中の春日のもとに現れる。

スポンサーリンク

第1週の感想

初々しい松嶋菜々子さんの女優デビュー作です。

演技はまだまだですが、松嶋さんは声が良いのでセリフが聞き取りやすい。

ナレーションは飼い犬のリキが担当。

心の声として欽ちゃんこと萩本欽一さんがリキの目線で語るという設定です。

「つばさ」ではラジオの妖精、「ごちそうさん」ではぬか床に生まれ変わったヒロインの祖母、「おかえりモネ」もおばあちゃんが牡蠣や木の芽になってナレーションをしていました。

人間ではないナレーションって意外とありますね。

のぞみの弟・達也役の遠藤雅さんの現在は、俳優ではなく北海道ローカルの番組に出演しているそうです。

名前も遠藤まさし名義に変わって、仕事はリポーターなどがメイン。

北海道在住の人からすると「朝ドラ出てたんだ!」ってびっくりしているでしょう。

その他、映画「二十才の微熱」ドラマ「池袋ウエストゲートパーク」などにも出ています。

さてヒロインののぞみは、キャリアウーマンってタイプではないみたいですが、仕事も恋愛もがんばりたいという今どきの女性。

バリバリのキャリアウーマンの上司・春日に気に入られているようですね。

 

ひまわり第2週(第7話~第12話)あらすじ・ネタバレ

コメント

タイトルとURLをコピーしました