はね駒第6週(第31話~第36話)あらすじネタバレ!

1980年代

斉藤由貴さん主演「はね駒

女性新聞記者の草分けと言われた磯村春子さんをモデルに描かれています。

はね駒(こんま)キャスト一覧!

第5週のあらすじはこちら→はね駒第5週(第25話~第30話)あらすじネタバレ!

第6週はついに東北女学校へ入学するりん。

しかし授業は予想以上に厳しく・・・

1学期を終える頃にはとんでもないことに?

第6週のあらすじ

第31話

女学校の合格通知を受け取り大喜びのりん。

松浪と鶴次が通知書に書かれた内容を読み上げる。

給費生の条件も満たしていた。

家族みんなで喜んだが、弘次郎だけが「勘当した娘が何をしようとかまわない」とそっけなかった。

りんが越後屋の前を通ると新之助と会った。

嫁に行かず女学校に行く、ときっぱり伝えた。

新之助はとても傷ついていた。

その夜、弘次郎は越後屋へ向かった。

第32話

弘次郎は越後屋に「りんを家から出す」と告げに来た。

勘兵衛は婚約も守れないりんが、家を出る約束を守るとは思えないと悪態をつく。

りんを悪く言われ、弘次郎は怒って言い合いになってしまった。

越後屋を出ていった弘次郎。

勘兵衛は弘二郎がりんを許してやれ、といってもらいたくてあんなことを言ってきたのだという。

しかし勘兵衛も意地があり、ついキツイことを言ってしまった。

帰ったと思った弘次郎がその話を聞いていた。

弘次郎は頭を下げ、勘当を解いてやることを許してもらった。

酔いつぶれて帰宅した弘次郎。

連れてきてくれた新之助は、りんにだけ越後屋であったことを話した。

第33話

明治24年、東北女学校では新入生が寄宿舎に荷物を運び入れていた。

だがりんはまだ来ていなかった。

りんと同室になるのは、宿屋で会った水野節子、試験当日に隣の席にした浜田くに、上級生の里見なつ、学校一の優等生の二宮しづだった。

すっかり夜になってからようやくりんが到着した。

汽車の故障で遅れてしまったのだ。

どこから入っていいのかわからず、ウロウロしていると不審者と思われ大騒ぎになる。

するとみどりが気づいてくれて、新入生だとわかってもらえた。

何も食べていなかったりんは、賄い担当のイネに食事を用意してもらう。

給費生はイネの仕事を手伝うと知り、りんは張り切っていた。

第34話

女学校の入学式の日。

りんが節子に亡くなった母の話をすると、少し顔を曇らせた。

気まずくなって部屋を出ると、松浪と顔を合わせる。

女学生になれたね、と言ってもらえて嬉しくなる。

相馬の橘家では、鶴次が女学校での入学式や学校生活について話していた。

しかし弘次郎はりんがいない寂しさでイラ立っていた。

さっそく女学校では授業が始まる。

英語の授業では落第してしまったみどりが、1年生と一緒に授業を受ける。

授業中心配して見に来ていた彌七。

それに驚いたミス・マーティンが倒れてしまった。

りんの学校生活はこんなかたちで始まる。

第35話

給費生のりんは寄宿舎で手伝いをしなくてはならない。

当番のときは予習復習の時間があまり取れず、授業中も先生から叱られることも多い。

レベルの高い授業に遅れ気味だった。

節子や他の生徒はすでに知っていることも多く、りんは何も知らない自分が恥ずかしくなる。

だがしづはその分たくさんのことを学べると慰めてくれた。

今まで優しかった松浪も授業中はとても厳しく、りんは身も心も冷えていく思いをしていた。

第36話

りんは炊事の手伝いの後、イネの計らいで特別に食堂で勉強させてもらっていた。

するとしづとなつが入ってくる。

りんは慌てて隠れ、2人の会話を聞いてしまう。

しづたちは英語の授業ばかり増やす学校側に不満があるようだった。

休みの日イネからお使いを頼まれる。

松浪の家にカツオの角煮を持っていった。

松浪は給費生の仕事と授業の両立は大変だったろうと労ってくれる。

りんは嬉しくて涙ぐんでしまう。

一学期ももうすぐ終わる。

りんは成績が悪く、特に英語の成績がひどい。

次もこのような状態なら給費を打ち切ると言われてしまった。

学費が払えないりんにとって、給費を打ち切られると退学しかなくなる。

第6週の感想

いよいよ女学校生活が始まります。

相変わらず弘次郎はめんどくさいですが(笑)

新之助もちょっと可哀想ですね。

自分との結婚を嫌がり、女学校合格をあんなに喜ばれてしまうなんて。

「新之助さんが嫌なんじゃない」と言いつつも、新之助<女学校なのは明らかですからね。

妹のみつがひできっちゃんから女学校の模型をもらいます。

この2人なんだか良い雰囲気。

給費生は炊事など仕事を任されています。

それでさらに勉強もちゃんとして、基準を満たさなくてはならない。

なんか矛盾してる制度ですね(笑)

給費生だからこそ勉強の時間の確保がいると思うんですけど。

優等生のしづさんとなつさん。

2人は学校に不満があるようです。

なにやら嫌な予感がしますね。

二宮しづ役の高橋ひとみさんは、今でこそ美熟女ですが若い頃から色気があったんですね。

当時もう25~6歳で女学校の生徒にしては歳が・・・^^;

ミスマーティンが彌七を見てびっくりしてましたが、マーティンって彌七に会ったことあるのにね。

急に出てきたからびっくりしたのか?

りんは早くも劣等生になってしまい、給費を打ち切ると脅されます。

どうなることやら。

はね駒第7週(第37話~第42話)あらすじネタバレ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました