あぐり第24週(第139話~第144話)あらすじ・ネタバレ!

1990年代

田中美里さんがヒロインの「あぐり

モデルになったのは美容師の吉行あぐりさん。

女優の吉行和子さんと作家の吉行淳之介さんのお母さんです。

野村萬斎さんがブレイク、生田斗真さんが子役として出演していることでも話題になりました。

第24最後の親孝行

あぐりの仕事は順調。

パーティで出会った林と不思議な縁で交流が始まります。

岡山から隠居した健太郎が訪ねてきて、ちょっとした騒ぎにも・・・

前回のあらすじはこちら→あぐり第23週(第133話~第138話)あらすじ・ネタバレ!

あぐりのキャスト・相関図は?子役なども紹介!

第24週「最後の親孝行」あらすじ・ネタバレをご紹介します。

第24週あらすじ

第139話

あぐり美容室が再開して1年が経つ。

チェリーが沢田とあぐりのもとへ訪問。

チェリーは夫とアメリカで暮らすことになった。

専門学校の卒業生を受け入れるため、全国20店舗作ると考えているが、それをあぐりに任せたいと言う。

新聞にエイスケについて書かれた記事が掲載される。

書いたのはパーティに来ていた林晃。

民子がパーティに招待し、あぐりに紹介した男性だった。

林の記事を読んであぐりは否定的には受け止めていなかった。

編集部を訪れた林は、淳之介の書いた文を褒める。

淳之介がエイスケの息子だと知ると、林はとても嬉しそうにしていた。

あぐりはチェリーと沢田に頼まれている全国展開のことについて、世津子と民子に相談。

2人の後押しもあってやる気になっていた。

第140話

セラヴィに集まった林と民子。

世津子は林の書いた記事に「エイスケが読者を裏切った」とあったことに納得できず反論。

2人は口論になってしまう。

ある日突然、林が美容室を訪れた。

特に用はないと言って帰っていく。

民子によると、林は妻を亡くし男手で息子を育てているという。

ある日自宅に理恵が同級生の男の子を連れてきていた。

なんとその子は林の息子、洋介だった。

林は風邪をひき、家で寝込んでいるという。

あぐりは看病しに林の自宅を訪問。

本棚にはエイスケの本が何冊もおいてあった。

亡き妻とエイスケの本を楽しんでいたと聞き嬉しくなる。

すると隣の家が火事になり、林の家も被害に遭う。

住むところがない林親子をしばらく泊めてあげると決めたあぐり。

淳之介は納得できず家に帰らなくなる。

第141話

岡山から健太郎、磯辺、妻五郎がやってきた。

見ず知らずの男性、林が子連れで暮らしていると知ると不快に思う。

健太郎はあぐりの店を手伝うと言う。

全国展開となれば忙しいだろうということだが、それは沢田のほうでやってくれると、申し訳無さそうに答えるあぐり。

寂しそうにしていた健太郎を気遣い、世津子はあぐりに何かやらせてやって居場所を作れと忠告される。

あぐりは沢田から任されたと嘘をつき、健太郎たちに仕事を頼んだ。

第142話

義父の健太郎、従業員の磯辺と妻五郎、林と息子の洋介、と他人ばかりの奇妙な生活を送り2週間が経つ。

健太郎に新しい店舗の土地を探してきてもらった。

林は淳之介の部屋にあった「アン・ダグリッパの結婚」を持ってきた。

エイスケが苦しみながら書き遺したもの、とあぐりが言う。

林はそれを読んで、エイスケは読者を裏切っていなかったと泣き出した。

健太郎が見つけてきた土地は騙されていた。

足を引っ張ってしまったと落ち込む健太郎。

庭で月を見ながらあぐりと健太郎は酒を飲む。

あぐりは今度、日光へ紅葉を見に行きましょうと誘う。

しかし健太郎は翌日、岡山に帰ってしまった。

第143話

岡山に帰った健太郎たち。

磯辺と妻五郎はあぐりと林は恋人同士と思い込み、健太郎が元気ないのはそのせいだと勇造に話す。

勇造は元気づけるために、祭りを仕切ってくれと頼んだ。

あぐりは健太郎に寂しい想いをさせてしまったことが心残りだった。

岡山の支店を出すために土地のことを頼もうと電話をする。

健太郎は電話をしながら倒れてしまう。

第144話

健太郎はそのまま意識は戻らず息を引き取る。

狭心症の発作だった。

磯辺たちからあぐりを望月家から嫁に出したいと、健太郎が話していたことを告げる。

女中のしおは、あぐりが嫁に来た頃のことを詠んだ俳句を見せる。

あぐりは健太郎の愛情を実感した。

東京の戻ってくると、林と子どもたちでハイキングに行こうと決まった。

和子は林が居候していることは、周囲の人からよく思われていないと耳にした。

林との接し方に悩む和子。

「林さんは嫌いじゃないけど、この家から出て行って」と林に告げる。

ハイキングは林の仕事の都合ということにして中止にする。

酔いつぶれて帰ってきた林は、あぐりに「住むところを探してきた」と言って玄関で寝てしまう。

第24週の感想

いろいろとありえない展開で物語が進みます(笑)

林晃との出会い。

エイスケのファンだったという偶然もあって、親しくなった・・・という感じでもないんだよな。

あぐりが林にさっぱり興味がなさそうに見える。

これは田中美里さんの演技の足りなさのせいなのかな。

隣家の火事のせいで居候させることになるというトンデモ展開(笑)

すごいタイミングで岡山の爺さんたちが訪問。

和子のイライラはこのせいもあるんじゃないの^^;

あっさりと亡くなってしまった健太郎。

健太郎は嫁に来たばかりのあぐりをとにかく守ってくれました。

光代は否定的なことが多かったけど、健太郎はひたすらあぐりを助けてくれてます。

俳句のこととか、再婚するときは望月家で世話してやろうとか、最期まで大切にしてくれてましたね。

いつも季語が2つ入ってしまう俳句(笑)

ちなみに吉行和子さんは俳句が趣味。

そこからこのエピソードを入れたのかな?と思いました。

今週から和子役は浜丘麻矢さんにチェンジ!

美少女アイドルとしてグラビアなど活躍していました。

2015年までは女優の仕事を続けていたみたいですが、最近では活動歴が不明。

2017年に結婚したそうで、はしのえみさんのブログに登場。

おめでとう♡ : はしのえみ 公式ブログ
おはようございます^_^今日も暑くなりそうですねさて!実は…約10年前に「みこん六姉妹」というドラマの、姉妹の役で共演して以来のお付き合いの♡浜丘麻矢ちゃんが結婚しました〜なので昨日は、同じく姉妹役だった遊井亮子ちゃん、私の元婚約者役だったウチの旦那さん(笑)

すっかり大人の女性になってます。

さて次週はあぐりと林の関係に進展が・・・!

あぐり第25週(第145話~第150話)あらすじ・ネタバレ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました