あぐり第15週(第85話~第90話)あらすじ・ネタバレ!

1990年代

田中美里さんがヒロインの「あぐり

モデルになったのは美容師の吉行あぐりさん。

女優の吉行和子さんと作家の吉行淳之介さんのお母さんです。

野村萬斎さんがブレイク、生田斗真さんが子役として出演していることでも話題になりました。

第15週男と女の間には

民子があぐりを通じて出会った燐太郎と何やら怪しい感じに。

さらに岡山から光代がまた来てしまう。

こちらもちょっと怪しい感じに。

前回のあらすじはこちら→あぐり第14週(第79話~第84話)あらすじ・ネタバレ!

あぐりのキャスト・相関図は?子役なども紹介!

第15週「男と女の間には」あらすじ・ネタバレをご紹介します。

第15週あらすじ

第85話

エイスケの本の出版記念パーティがセラヴィで開かれる。

民子も足を運んだ。

エイスケは妻・あぐりのおかげとスピーチ。

それを聞いて民子はあぐりを羨ましく思う。

淳之介は小学校に入学。

セラヴィに川原甚八が原稿を持って来た。

エイスケの新作の感想を尋ねられると正直に「はっきり言って駄作」と言った。

笑顔で対応したエイスケだが、そのまま店を出ていってしまう。

エイスケを訪ねてきた燐太郎。

ちょうど民子も来ており、お腹をすかせた淳之介に燐太郎がパンケーキを作ってやる。

お茶を入れに行こうとしてとめは、2人のただならぬ空気を察した。

あぐりが民子と話していると、民子は夫の束縛にうんざりしていると愚痴をこぼす。

暗闇にいるようだったけれど、燐太郎と会えて光が見えたと言った。

あぐりは民子が良からぬことを思っていると気づく。

第86話

岡山から光代が来た。

明らかに何かあったようだが多くを語らない。

私がいなくてもみんな上手くやりよる」と言ったことが気になったあぐり。

淳之介を小学校へ送った光代は、帰りにバイオリンを購入してきた。

なんと光代が教室で習い始めると言い出した。

その一方で民子が燐太郎と会うため、あぐりを誘いに来る。

夜は抜けられないと断ると、民子も諦めたようだった。

しかし夜になり民子の夫があぐりに民子の居場所を知らないかと尋ねに来る。

嫌な予感がしたあぐりは、とっさに知らないと言ってしまう。

セラヴィへ行くと、やはり民子は燐太郎と会っていた。

断る電話を入れたが、民子のほうが燐太郎に会いたくなったからと言う。

小林多喜二が逮捕されたことで、世津子もマークされていた。

そのためセラヴィに警察が乗り込んできて、「婦人現代」の原稿を回収しに来た。

民子の夫を知る者がいたため、民子がいることがバレてしまった。

第87話

婦人現代」の編集部を調べられた。

世津子は原稿を持ち出させないよう抵抗する。

警察と言い合いになっていたところを、エイスケが冗談を言って仲裁。

警察が帰ったあと、燐太郎は世津子が自分たちの原稿を守ろうとしていたことに気づいていた。

エイスケも書きたいものが書けない世の中にもどかしく思っていた。

外出禁止にされていたはずの民子が、燐太郎に会いに行っていた。

燐太郎があぐりの家に民子を預けに来る。

あぐりは民子の想いを告げると、燐太郎は自分には特別な感情はないと言う。

このままでは民子が家庭を壊してしまうと、燐太郎に決断を迫った。

あぐりも民子を説得する。

自分を見つけることと、誰かを好きになるのは違うと言うと、民子はこの想いは抑えきれないと頑なだった。

すると麟太郎から電話がかかってきた。

第88話

麟太郎は民子にきっぱりと迷惑だと告げる。

僕には僕の世界がある」と言われ、民子も諦める。

翌朝、民子は夫と家に帰っていく。

光代は民子の気持ちがわかる気がするという。

光代がそんなことをいうことに驚くあぐり。

辰子は光代が見知らぬ男性と一緒にいたところを見た、とあぐりに報告。

するとバイオリン教室の片桐が訪問。

光代の誕生日なのでバラの花束を届けに来た。

光代は頼まれたことを放って片桐と楽しそうに話し込む。

あぐりは服を取りに来たエイスケに、このことを話すが何も心配していなかった。

あぐりはバイオリン教室での光代が、恋する乙女のような顔をしているのを見る。

第89話

あぐりもバイオリン教室で過ごす。

しかし光代はバイオリン教室のことに入ってこないで、と釘を刺す。

と言われてもあぐりは片桐をどう思っているのか聞いてしまった。

光代はあっさり「好き」と答える。

今度は健太郎が上京。

勇造の嫁がよくできた人なので、光代は居場所がなくなっているらしい。

女中や従業員の手前、早く光代に帰ってきてほしいと思っている健太郎。

光代はバイオリン教室に一緒に来てほしいと健太郎を誘う。

とんでもないことになるのでは、と周囲は心配。

バイオリンを習う光代を見て、健太郎は生き生きとしている姿を初めて見た。

片桐は時々2人でお茶をすることを許してほしいと頼む。

帰ってきた健太郎はあぐりに、夫婦でも埋め尽くせないものがあると言う。

光代はしばらく東京で暮らすことになった。

第90話

昭和6年、淳之介は2年生になり、撮った写真を美佐に送る。

あぐりは京橋に支店を開くことになった。

エイスケも小説を次々に出版。

しかし小林多喜二が拷問の末に死亡。

小林を尊敬していた川原は悲しみに暮れやけ酒を飲む。

エイスケは慰めるつもりで声をかけたが、川原は侮辱と受け取り殴りかかってきた。

4年生になった淳之介は友達を家に招く。

父親は本を書いている人だと紹介していると、エイスケが友達の前に現れる。

淳之介はあぐりが仕事で忙しくしていることがつまらなかった。

授業参観も来なくていいと強がってしまう。

あぐりはなんとか時間を作り学校に行く。

帰ってくるとエイスケがいた。

あぐりはすぐ仕事に戻ってしまい、またエイスケとロクに話せないままだった。

淳之介に食事を用意したエイスケは、その後1ヶ月以上帰らなくなる。

あぐりがセラヴィへ行くと、世津子からエイスケは逃げ場が無く苦しんでいると聞く。

あぐりが必要だと言われるが、そこへ「エイスケの家の者」と名乗る女性がエイスケの原稿を届けに来た。

第15週の感想

予告ナレーションが淳之介で、「男と女の間には」なんてタイトルを言わせたこの週。

民子と燐太郎、光代と健太郎、そしてあぐりとエイスケ。

それぞれがそれぞれの事情を抱えています。

燐太郎はモテますねー(笑)

チェリー山岡の娘、真知子にも惚れられていました。

あっちはお子様なので勝手に片思いしていてくれって感じでしたが。

民子は人妻。

未成年から人妻まで、幅広く愛されてしまう燐太郎。

燐太郎は惚れられるばかりで、特定の恋人は出てきていません。

あぐりを気に入っているっぽい時がありましたが。

思いの外、冷たく民子をフッてしまう「黒・燐太郎」が出ました^^;

あそこまでしないと民子は突っ走り続けてしまうから、燐太郎グッジョブなのかな。

そして光代と健太郎。

光代は片桐に恋している、けどあくまでプラトニックのようです。

健太郎に合わせて公認の関係にしちゃうとは。

あぐりとエイスケはずっと上手くいってるのかいってないのかという状態。

今回はあぐりが悪いですね。

忙しさのあまり、エイスケを放っておきすぎました。

あぐりがエイスケの愛人と対面してしまったのは今回初めてのはず。

いつも愛人がいるのは明らかだったけど、実際に会っちゃうと嫌だよなあ。

こんなもやもやしたまま、次の週。

次は美佐の容態に加え、言論の自由が奪われ「婦人現代」もピンチです!

あぐり第16週(第91話~第96話)あらすじ・ネタバレ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました