純ちゃんの応援歌第12週(第67話~第72話)あらすじ・ネタバレ!

1980年代

純ちゃんの応援歌第12週(第67話~第72話)

昭と雄太は高校3年生になり甲子園を目指し野球に夢中になっています。

純ちゃん食堂も順調。

でも美山村からある人が訪れ・・・

山口智子さんがヒロインをつとめた「純ちゃんの応援歌」

後に夫となる唐沢寿明さんとの共演、高嶋政宏さん・政伸さんの兄弟で出演などが話題になりました。

第12週のあらすじとネタバレをご紹介します。

第11週のあらすじネタバレはこちら→純ちゃんの応援歌第11週(第61話~第66話)あらすじ・ネタバレ!

キャストについてはこちら→純ちゃんの応援歌のキャスト・相関図は?

第12週のあらすじ・ネタバレ

第67話

昭和28年、昭と雄太は高校3年生になる。

グローブの中に入れるクッションの代わりに、純子のブラジャーのパッドを使っていた。

純子は勝手に持ち出したことを叱るが、自分で買うのは恥ずかしいという昭たちの気持ちを受け譲ってやる。

純ちゃん食堂は開店から4年が経ち、常連客もできていた。

雑賀は出版社を作り童話を出版して充実した日々を送る。

いつも通りのある朝を迎えたが、突然ももが訪れ家出してきたと言う。

第68話

ももは弟の田丸とその後妻との折り合いが悪く、居場所がなくなり出てきてしまった。

純ちゃん食堂で働かせてもらえないかと頼まれ、純子はぬひに相談。

しかしぬひは従業員を増やすほど余裕はないと断る。

ももはすでに働くつもりになっていて、お酒を飲めるようにしておくと張り切っていた。

純子は断られたと言えず、ももを働かせることになる。

だがももは仕事が雑で愛想が無い。

客から文句を言われてしまう。

ももは謝りもせず客と口論になる。

第69話

ももはロクに仕事ができない自分に落ち込み、自ら辞めると言い出す。

他に行くところがないのだから、と純子は引き止めた。

ぬひも、ももには向いていないと純子から伝えてくれと頼む。

純子は今更辞めてとは言えなかった。

ならば自分が辞めて、ももを働かせてあげればいいと考えた。

それを聞いたあきは、純子が簡単に辞めると言ったことが許せず、ぬひに余計なことは言わないでほしいと告げた。

一方、雑賀の出版パーティとわらべ出版3周年記念のお祝いの会が開かれた。

第70話

酔いつぶれた雑賀は小野家に泊まった。

純子はももだけを店に出させ、自分は家にいた。

ももは相変わらずで、ぬひも困り果てていた。

静尾が新聞記者を連れ、純ちゃん食堂の取材に来た。

純子とぬひも気まずいまま、仲の良いフリをして取材に応じた。

第71話

純子の店に行かない日が続く。

すると金太郎が訪れた。

金太郎は今、醤油屋の営業をやっている。

久々に金太郎と会った昭と雄太と小百合は、将来の夢などを語り合う。

金太郎は別れ際、ももに好きに生きたらいいと言い残した。

ぬひは我慢できず、あきから頼まれたことを純子に打ち明ける。

純子はあきを問い詰めた。

あきはぬひに世話になっているのに、純子の態度は思い上がりも甚だしいと叱った。

第72話

純子は雑賀のいるわらべ出版を訪れる。

仕事を手伝わせてほしいと言ってみたが、人を雇う余裕がないと断られた。

雑賀は純子から話を聞いて、あきに不満があれば言えばいいと促される。

だが純子にはあきに対する不満はなかった。

純子は反省しぬひに謝る。

ももと一緒に働くことにした。

その夜、風呂に行ったあきが足首を痛めて帰ってくる。

ミシンの踏みすぎだという。

ももは寺内家に世話になることになった。

そこへ正太夫が訪れ、美山村で芝居をやると知らせに来る。

第12週の感想

ついに昭と雄太が交代。

唐沢寿明さんが雄太役として登場。

昭は西川弘志さん、西川きよしさんの次男で忠志さんの弟です。

この頃の弘志さんは音楽活動をしたり俳優をやったり、いろいろ頑張っていたんですけどね。

現在は引退して飲食店を経営しているらしいですよ。

唐沢寿明さんは高校生を演じてますが、すでに25歳。

義理の姉弟だけど、山口智子さんの弟役なのです。

唐沢さんはこのドラマで山口さんと知り合い、ちょっと気になる存在になりつつあったらしいですね。

撮影中は付き合っていなかったみたいです。

さて前回からもう4年が経っているという設定。

純子の周りもいろいろ変わりました。

正太夫さんがアメリカでの演劇修行から戻ってきています。

そしてなんとももさんが家出!

この先、ももさんは純子さんのそばにいる存在となります。

美山村にいたときは微妙な関係だったのにね。

ももさんのサービス業のできなさは見ていられない^^;

器に指が入ってるとか、ガサツ過ぎるわ。

昭と雄太が成長したということは、同い年の金太郎も大きくなりました。

秀平役の高嶋政宏さんの実の弟、政伸さんの登場。

政宏さんも俳優デビューしたばかりでしたが、政伸さんもほとんど演技経験なかったのです。

山口智子さんも女優デビュー作なので、このドラマは今となってはすごいメンツが駆け出した作品なんですね。

次回は純子が美山村にある理由で行くことに。

秀平もまたまた日本に来るのですが・・・?

コメント

タイトルとURLをコピーしました