つばさ(朝ドラ)のキャストと相関図!主演は多部未華子!

つばさ

多部未華子さん主演「つばさ

NHK連続テレビ小説の第80作目です。

1593人の中からオーディションでヒロインに選ばれました。

初の平成生まれのヒロインということでも話題に!

舞台は埼玉県川越市。

つばさとその家族や周囲の人とのヒューマンドラマです。

イントロダクション

川越市の老舗和菓子屋「甘玉堂」

玉木つばさの家族が営むが、母の加乃子は数年前に家出。

幼かった弟の知秋の面倒を見ながら、母の代わりに家事をこなしてきた。

女将をしている祖母の千代、和菓子職人の父の竹雄とともに暮らす。

短大を卒業したら専業主婦になると言っていたつばさ。

そんな玉木家に突然、加乃子が戻ってきて・・・

つばさキャスト

玉木つばさ(たまき つばさ)

普通の短大生

加乃子が家出してから、玉木家の主婦として奮闘していた。

多部未華子

(10歳のつばさ:白坂奈々、3歳のつばさ:小泉颯野)

玉木加乃子(たまき かのこ)

つばさの母で千代の一人娘

殺虫剤の看板モデルをしていたが、幼いつばさと知秋を残して家出。

高畑淳子

出演作:なつぞら

玉木竹雄(たまき たけお)

つばさの父。

気が弱く言えない過去があり、加乃子と知り合い和菓子職人になる。

中村梅雀(2代目)

玉木千代(たまき ちよ)

つばさの祖母で甘玉堂の女将

頑固な性格で、先祖代々受け継がれてきたことを守り続ける。

吉行和子

出演作:あぐり

玉木知秋(たまき ともあき)

つばさの弟

父親譲りの温厚な性格

冨浦智嗣(5歳の知秋:小林海人)

斎藤浩徳(さいとう ひろのり)

不動産業を営む

加乃子とは「カノン」「ヒロリン」と呼び合う仲

西城秀樹

水村 (みずむら)

斎藤の部下

赤いネクタイを締めている。

市山貴章

奥富 (おくとみ)

斎藤の部下

白いネクタイを締めている。

阿部亮平

大谷翔太(おおたに しょうた)

つばさの幼馴染

大学のサッカー部所属でプロを目指す

小柳友(10歳の翔太:湯山敦紀)

大谷佐知江(おおたに さちえ)

翔太の母

離婚してから女手一つで翔太を育てる

手塚理美

出演作:ふたりっ子

宇津木万里(うつぎ まり)

つばさの親友

同じ短大に通う

吉田桂子

宇津木泰典(うつぎ やすのり)

万里の父

鳶職で竹雄の飲み仲間

金田明夫

宇津木佑子(うつぎ ゆうこ)

万里の母

噂話が大好きでものすごい速さの情報通

広岡由里子

出演作:半分青い、エール

鈴本宏夫(すずもと ひろお)

すずもとスーパーの店主

竹雄の飲み仲間

佐戸井けん太

鈴本俊輔(すずもと しゅんすけ)

父とともにすずもとスーパーで働く

つばさと万里から「しゅんにい」と呼ばれている

三浦アキフミ

鈴本の妻

加藤みどり(声のみ)

篠田麻子(しのだ あさこ)

小料理屋「こえど」の女将

過去のことは謎

井上和香

真瀬昌彦

「川越キネマ」の住人

元官僚だがラジオ局開設を計画する

宅間孝行

真瀬千波

真瀬の妻

4年前に亡くなった

阿部美穂子

真瀬優花

真瀬の娘

畠山彩奈(現:畠山あやな)

川原敏郎

千波の父

川原製作所を経営

優花を引き取って育てる

渡辺哲

川原妙子

千波の母

白川和子

横矢みちる

フリーアナウンサー

千波の親友

山本未來

ベッカム一郎

つばさが毎朝聴いているラジオのパーソナリティ

かつてロナウ二郎とコンビを組んでいた

川島明(麒麟)

出演作:なつぞら

ロナウ二郎

川越キネマの住人

売れないお笑い芸人で、ダジャレが持ちギャグ

脇知弘

浪岡正太郎

自称ミュージシャン

突然川越キネマに現れ、つばさのストーカーと勘違いされる

ROLLY(ローリー)

丸山伸子

川越キネマの住人

倹約家のシングルマザー

松本明子

出演作:花子とアン

丸山隼人

伸子の息子

下山葵

丸山良男

伸子の元夫

太川陽介

玉木梅吉(写真)

つばさの祖父で菓子職人

小松政夫

末永紀菜子

甘玉堂のパートとして応募してきた謎の女性

斉藤由貴

出演作:はね駒、おひさま

ラジオの男(語り)

つばさが部屋で悩んでいると、突然現れる

つばさにしか姿は見えない

イッセー尾形

出演作:まんぷく、スカーレット

城之内房子

「城之内エンタープライズ」を率いる、地元の大物企業家

冨士眞奈美

相関図

coming soon

あらすじネタバレ

つばさ第1週(第1話-第6話)のあらすじネタバレ!ハタチのおかんとホーローの母

つばさ第2週(第7話-第12話)のあらすじネタバレ!甘玉堂よ、永遠に!

コメント

タイトルとURLをコピーしました