ふたりっ子第8週(第43話~第48話)あらすじ・ネタバレ!

1990年代

岩崎ひろみさん・菊池麻衣子さんがWヒロインの「ふたりっ子

正反対の性格の双子のストーリー。

子役時代はマナカナこと三倉茉奈さんと三倉佳奈さんが演じ、一躍人気子役となりました。

第8はついに麗子の嘘がバレる?

それを知った海東はどうするのか?

前週までのあらすじはこちら→ふたりっ子第7週(第37話~第42話)あらすじ・ネタバレ!

ふたりっ子のキャスト・相関図は?マナカナが子役出演!

第8週のあらすじ・ネタバレをご紹介します。

第8週あらすじ

第43話

別荘で過ごした麗子と海東。

2人の愛情は深まる。

だが麗子は実家のことが言えず、時々寂しい顔をしてしまった。

香子は連勝を続け2級に返り咲く。

そのお祝いにと森山は香子を食事に誘う。

レストランに入った香子と森山。

すると偶然にも麗子と海東が同じレストランに入ってきた。

他人のフリをして挨拶し合う香子と麗子。

森山が香子の家の豆腐が美味しいと言うと、豆腐が好きな海東は詳しく聞こうとする。

香子はつい調子にのって豆腐の話を続け、麗子のことを思わず「麗ちゃん」と呼んでしまった。

同じ「野田」で知り合いか親戚なのかと問われ、香子は耐えきれず麗子に平謝り。

麗子は店を飛び出してしまう。

第44話

何も話さない麗子がわからなくなった海東。

麗子は観念して天下茶屋の豆腐屋が実家であることが嫌だった、芦屋でやり直せると思ったと打ち明ける。

海東は自分の家柄に惹かれて近づいてきたのか、と麗子に問う。

最初はそうだったと認めつつ、今は本当に好きだと打ち明けた麗子。

不安になる麗子に「嫌いにならない」と言ってあげる海東。

麗子もそれに安心した。

千有希もそれを聞きホッとしていた。

香子と森山は食事のあとにアパートへ。

森山は自分の生い立ちを香子に話した。

父から将棋のDNAを受け継いでしまったと言う。

母が愛人と家を出てしまったので、森山は東京の親戚に預けられた。

そこでは居心地が悪く、逃げるように京都の大学へ進学したと語る。

そのせいか女性を信用できなくなっているところがある森山。

香子が帰ろうとすると、見知らぬ女性が怒鳴り込んでくる。

女性は嘘つきと言い森山を引っ叩き、香子に向かって同じ手段で口説かれたのかと問い詰める。

呆然としている香子は、気まずそうにしている森山の顔を見る。

第45話

香子は麗子から海東に本当のことを話し、わかってもらえたと報告を聞く。

麗子はとても幸せな気持ちになっていた。

しかし翌日、待ち合わせていた図書館に海東は現れたものの、麗子には声をかけず帰ってしまう。

麗子は帰宅して電話をしてみるが、話はできなかった。

それ以来、麗子は海東と会えなくなってしまう。

海東は森山のアパートに来て相談していた。

麗子を好きな気持ちは変わらないが、麗子が怖くなり信じられないのも事実だった。

森山は流れに身を任せてみろ、と気楽なことしか言わない。

夜になり、天下茶屋に麗子が突然来て、香子に森山に海東と会わせてくれと頼んでほしいと言う。

香子が森山に電話してみるが出なかった。

第46話

香子はただごとではないと察し、麗子に声をかける。

すると麗子はすがりついて泣き出した。

海東は嘘を許してくれたと思ったのに、もう会ってもくれないという。

それを聞いた光一は激怒。

光一を遮り千有希は麗子に駆け落ちするよう勧めた。

海東が何もかも捨てて逃げてくれるか聞いてみればいいと言う。

芦屋に戻ろうとした麗子に声をかけた政夫。

麗子の寂しそうな顔が気になった。

翌日、海東が天下茶屋に来て野田とうふ店を訪れる。

光一は麗子を見捨てないでくれと頭を下げる。

その後、有沢家に海東が訪れ久しぶりに麗子と顔を合わせた。

第47話

海東は麗子の実家に行ったと打ち明ける。

光一と会って、このままではいけないと思いここに来たという。

海東はもう麗子を信じられないと言った。

麗子が実家のことを「小さい家で驚いたでしょ」と言ったことも嫌だった。

実家が貧しい豆腐屋であることは関係なく、麗子が嫌いなわけでもない。

それでも信じることはもうできないと言われ、麗子はすがりついて泣く。

海東は麗子に「嘘くさい」と突き放し、英之たちに婚約破棄を申し出た。

翌朝、麗子は政夫を呼び出し連れ回す。

麗子は「私のために死ねる?」と聞くので政夫は「死ねる」と答えてしまう。

だが麗子は政夫のその言葉を「嘘くさい」と一蹴。

遠くで香子と森山が仲良さそうに一緒にいるのを見て、1人になりたいと言い政夫に帰ってもらった。

第48話

森山のアパートに来た麗子。

部屋に入れたくなかった森山は、近くの川沿いの場所で話を聞く。

麗子が甘えてきたので、森山はいつも女を口説く方法で持ち物を川に捨て「君以外何もいらない」と言ってみせる。

これは森山の挑戦で、麗子のあざとさを見抜かれてしまっていた。

呆れた森山は一度は放っておいたが、帰ろうとしない麗子を仕方なく一晩泊めてやる。

帰ってこない麗子を心配し、香子と千有希は芦屋に来ていた。

ようやく帰ってきた麗子は、香子に「森山さんのところにいた」と言う。

香子は動揺したが、森山と会ったときはいつもどおり明るく振る舞った。

屋台で輝子と飲んでいた光一。

輝子も弱気になり、光一に一緒にいたいと言う。

光一は誘惑に負けて輝子の巡業先に着いて行ってしまう。

第8週の感想

ほれ見たことか!」と見ていた人がほとんど思っていたでしょう(笑)

麗子の腹黒さ、あざとさがバレました。

海東の言っていることはもっともなんです。

本当のことがバレたのに、しれっと芦屋の家に戻って暮らし続けてる。

「嘘ついてない、壮平さんのことが好きなだけよー」と言っても説得力がない。

金持ちのステータスにこだわっているところは変わってない。

じゃあ天下茶屋に戻って、本来の姿を見せろって話ですからね。

そして婚約破棄されたのに、すぐ森山に身を委ねようとする(笑)

麗子をここまでクズに描いたのはびっくりですね。

森山は香子の姉だと知っているから手を出さなかっただけで、いつもの遊びの女なら確実にヤッてた!(笑)

都合のいい男・政夫かわいそう・・・

なにげに千有希もどす黒い。

麗子に「駆け落ちしろ」って^^;

海東を試すようなことをさせようとしている千有希も何もわかってないんですよ。

海東は麗子の考え方が嫌になってるって気づいていない。

つまり千有希も「こんな貧乏なとうふ屋」と思ってる。

海東はそんなこと思ってないし、親に反対されてるわけではないんだよ。

麗子、千有希、理佐子は同じ性格で、「貧乏とうふ屋が財閥に相手にされるわけがない」と思いこんでいる。

そりゃ光一もやさぐれますよ。

森山は育ちが原因で女性不信、海東は育ちが良いので見下す考えがない。

今回はそれぞれの育った環境が肝(キモ)でしたね。

それにしても森山の口説き方、現実的じゃないよな(笑)

毎回財布とか投げ捨てたのかよ・・・。

次週はもっと波乱の予感。

香子の心のざわざわ、光一はどこへ行った?、麗子の意地悪は続くのか?

朝ドラというより昼ドラっぽい展開です!

ふたりっ子第9週(第49話~第54話)あらすじ・ネタバレ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました