ふたりっ子第7週(第37話~第42話)あらすじ・ネタバレ!

1990年代
スポンサーリンク

岩崎ひろみさん・菊池麻衣子さんがWヒロインの「ふたりっ子

正反対の性格の双子のストーリー。

子役時代はマナカナこと三倉茉奈さんと三倉佳奈さんが演じ、一躍人気子役となりました。

第7は光一と千有希の夫婦仲、香子の奨励会での成績、などいろんなピンチを迎えている野田家。

それらが解決するのでしょうか?

前週までのあらすじはこちら→ふたりっ子第6週(第31話~第36話)あらすじ・ネタバレ!

ふたりっ子のキャスト・相関図は?マナカナが子役出演!

第7週のあらすじ・ネタバレをご紹介します。

スポンサーリンク

第7週あらすじ

第37話

天下茶屋に千有希が帰ってきた。

光一が警察に捕まり、香子は心細くなっていて千有希と顔を合わせた途端に泣き出してしまう。

留置場で同じ部屋に入れられた光一と銀蔵。

銀蔵は前科があるので慣れた様子だった。

光一は香子の将棋のことを聞いてみた。

香子は香車を捨てなければ強くなれないと銀蔵は言う。

翌朝、香子と千有希が光一を迎えに行く。

香子はすぐに米原のところへ行かなくてはならず、家を出ていった。

すると政夫たちも釈放され、集まっていたところに顔を出した香子。

銀蔵はまだ釈放されておらず、過去にも数々の詐欺などで捕まっていると知る。

第38話

米原のところに行き、家でのゴタゴタを話した。

将棋センターに出入りしていることがバレ、銀蔵とまだ交流があることについて、米原は香子に忠告した。

森山からは香子の将棋は「臆病な将棋」だと指摘する。

銀蔵に差し入れをしようと警察に行った香子。

すでに釈放された銀蔵は、香子に手紙を残していった。

森山のところへ行き、銀蔵の手紙に書いてある「香車を捨てよ」の意味を聞いてみるが、何も答えてもらえない。

夕食のとき、光一は銀蔵から聞いた話をする。

プロ棋士になるには四段まで昇級しなくてはならない。

両親からすごい世界にいるのだと実感させられるが、香子は本当に四段になれるのか不安でいっぱいだった。

千有希から麗子と海東のことを聞いた光一。

海東財閥の息子が相手ということが目的で、打算で付き合っていないだろうかと光一は心配していた。

そして香子はまた勝てず3級に落ちてしまう。

第39話

米原は香子に奨励会を辞めるように提案する。

このままでは辞めさせられるだけだから、自分から決断したほうが傷が浅いとの気遣いからだった。

だが香子は受け入れず、プロの将棋を教えて下さいと教えを請う。

米原は自分で考えろと返す。

香子の誕生日を政夫たちが祝ってくれる。

政夫は麗子に祝いの言葉を伝えようと、有沢家に電話をする。

理佐子が出てしまったので無言で切るが、かけなおすと今度は男性の声だった。

電話に出たのは海東。

麗子に代わってもらい、海東は婚約者だと告げられ政夫は落ち込む。

海東は婚約するにあたって、麗子の父親に会いたいと英之たちに申し出る。

英之と理佐子は海東家としては、父親がとうふ屋であることで良い顔はしないだろうと話し合う。

そしてある日、麗子が英之と理佐子とともに天下茶屋に帰ってくる。

麗子が有沢家の養子になると聞いて絶句する光一たちだった。

第40話

光一と千有希は養子には大反対だった。

香子も家族のことを隠して結婚しても幸せになれない、と麗子を説得する。

千有希は麗子が実家のことを隠していたのを知っていたのに、光一には話していなかった。

そちらのほうで光一は怒ってしまった。

香子の部屋に貼ってあった「臆病な将棋」と書かれた文字を見た麗子。

「香ちゃんも臆病なんやね」と言われてしまう。

海東が怪我をして、アメフトができなくなったと麗子に告げに来る。

麗子は海東を励まし抱き合って慰めた。

香子は銀蔵からもらった香車のコマを川に投げ捨てた。

これで臆病な自分を捨てられたと奮い立たせる。

そのまま森山のアパートへ行き、「好き」と伝える。

第41話

森山と一局戦う香子。

今までと違う戦法で攻める。

銀蔵から今までの将棋を捨てろと言われたと森山に話す。

すると森山はライバル同士なのに、なぜそこまで話すのかと疑問を持たれた。

そういいながらも優しく接してくれる森山を信じていた香子。

パソコンの電源を入れようと手を伸ばした森山の行動に勘違いした香子は、思わず森山を突き飛ばしてしまった。

鼻を打った森山は鼻血を出していた。

森山は電気を消し、部屋に浮かび上がる星座の写真を見せてくれる。

翌日、香子は米原の家で森山のことで焦って、階段から落ちてしまう。

2人でお揃いの絆創膏を鼻に貼り奨励会へ。

香子はようやく勝てるようになった。

第42話

芦屋の家に行った香子。

英之と理佐子は千有希たちの夫婦仲を心配していた。

麗子は香子が恋をしていると見抜く。

さらに相手が森山であることもバレた。

麗子は森山は女性に手が早いと噂があると話す。

大学の図書館で麗子は森山に声をかける。

後から海東が来て、婚約のことを森山に告げた。

そして海東は両親に会ってほしいと麗子に言う。

本当のことを言えぬまま会う気になれず、体調を崩したといい約束をキャンセル。

麗子は別荘に海東を呼び出した。

第7週の感想

麗子に化けの皮が剥がれる直前って感じですが^^;

香子と森山は少し距離が縮まったようですね。

香子もスランプを脱し、勝数を増やしています。

でも麗子は香子が森山といい感じと知ってから、森山の悪い噂を伝えるのね。

聞いてすぐのときじゃなく、今言うところが麗子のどす黒いところ・・・

光一は麗子のことで悩んでいるのかと思ったら、千有希に対してがっかりしています。

なにかっていうと屋台でオーロラ輝子に愚痴ってしまう。

千有希より輝子を拠り所にしているんです。

もともと家柄が違う結婚だったから、なるべくしてなったのかな。

まさに麗子がそうなってしまいそう。

次週もまた怒涛の展開になります。

ふたりっ子第8週(第43話~第48話)あらすじ・ネタバレ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました