ふたりっ子第4週(第19話~第24話)あらすじ・ネタバレ!

1990年代

岩崎ひろみさん・菊池麻衣子さんがWヒロインの「ふたりっ子

正反対の性格の双子のストーリー。

子役時代はマナカナこと三倉茉奈さんと三倉佳奈さんが演じ、一躍人気子役となりました。

第4は麗子が芦屋の家で暮らすと言い出し、家族が困惑。

香子も将棋を諦めきれず、両親に内緒である決断をします。

前週までのあらすじはこちら→ふたりっ子第3週(第13話~第18話)あらすじ・ネタバレ!

ふたりっ子のキャスト・相関図は?マナカナが子役出演!

第4週のあらすじ・ネタバレをご紹介します。

第4週あらすじ

第19話

麗子が芦屋で暮らすと知り、光一と千有希は激怒。

しかも麗子自ら有沢の家に接触していたことにがっかりした光一。

麗子は光一が自分の価値観を押し付けてばかりで、何もわかってくれなかったと言う。

千有希は有沢の家は世間体ばかり気にしていて、麗子が思っているような家ではないと説得。

それでも麗子は全く聞く耳を持たない。

香子も必死に引き止めるが気持ちはかわらないようだった。

さらに麗子は小学校の頃にシチューにチョークを入れたのは自分だと告白。

香子が自分の思うままに生きているところに嫉妬していたという。

夜中、1人で麗子は家を出ていった。

第20話

麗子も香子もいなくなったと千有希が慌てて芦屋へ向かった。

夜のうちに着いていた麗子。

香子も芦屋の家に着く。

後から千有希も追いついた。

買い物に行こうとしていた麗子と理佐子が門の前まで出てきた。

4人は揃って英之の前に現れる。

千有希は麗子を連れて帰るというと、麗子は有沢家の養子になると決めたと言い出した。

千有希も駆け落ちの末、反対されて結婚したことを麗子に指摘され「お母さんも同じようなもの」と言われてしまう。

結局麗子を連れ戻すことはできず、千有希と香子は帰宅。

その夜、光一は朝まで帰って来なかった。

第21話

すっかり気の抜けた光一は店を放ったらかしにする。

麗子は理佐子と買い物やエステなどを楽しみ、夢のような生活を始めていた。

香子は両親に内緒で将棋会館へ行き、奨励会の試験を受けさせてくれと頼み込む。

だが将棋連盟に属している棋士の弟子ではないと受けることができないと断られた。

香子は将棋会館に出入りする著名な棋士に片っ端から声をかけては、相手にされずに終わった。

偶然、将棋会館の事務室に来た米原名人。

香子は一局相手になってもらった。

香子の将棋は賭け将棋で卑しいと言われてしまった。

落ち込む香子は、帰り道に銀蔵と顔を合わせ泣きついた。

第22話

米原のもとを訪れた銀蔵。

銀蔵が香子に将棋を教えたのは自分だと打ち明けると、棋風の卑しさに納得する米原。

銀蔵は以前、特例でプロにさせてもらう話があった。

しかし米原がそれを阻止。

そんな因縁の関係だった米原に、銀蔵は必死に頼み込み推薦状を書いてもらう。

香子はその推薦状を受け取り、奨励会の試験を受けることができた。

だが小学5年生を相手に苦戦する。

第23話

香子はなんとか2勝1敗で次の試験に進む。

それを聞いた米原は強い相手をあてるよう、猿渡に指示した。

すでに18歳の香子は強者と戦えるようでなければ、諦めるだろうと考えたからだった。

香子は未だに試験を受けたことを両親に言えていない。

2人ともケンカが絶えず話せる雰囲気ではなかった。

そして最終試験の日。

1敗するが見事に勝ち抜く。

女性初の合格者となった。

両親に知らせようと帰ったが、店を閉め光一は昼から飲んだくれて、千有希は泣いていた。

第24話

香子が女性初の奨励会合格者になったことは、テレビや新聞で大きく報道される。

伸代が新聞を持ってきて見せ、光一と千有希はやっとその事実に気づく。

2人とも麗子のことで頭がいっぱいになっていたので、香子のことを気にかけていなかったと謝った。

麗子もニュース番組で知り、政夫を通じて「おめでとう」と伝えた。

香子は両親とともに米原のところへあいさつに行く。

香子は米原一門の1人として指導を受けることになった。

そこへ森山が現れた。

同じ米原門下生と知りお互い驚く。

香子は森山に会ったとき、感じたことのない気持ちになる。

一方、麗子は京大の入学式で財閥の息子である海東と出会う。

第4週の感想

麗子は強行突破で芦屋の家に移住。

理佐子さんの裏の顔を知らずに、大丈夫なのでしょうか。

香子もやりたいことを我慢せず、プロ棋士の道を目指します。

上には上がいる、というか小学生で奨励会に入るのも珍しくないんですね。

羽生善治さんも藤井聡太さんも中学生のときからメキメキ頭角を現していたわけです。

ふたりっ子の世界での将棋界の重鎮、米原名人。

これはおそらく米長邦雄さんがモデルでしょうな。

米長一門で女性の弟子というと林葉直子さんが有名ですね。

林葉さんは奨励会会員になったのは女性で史上2人目でしたけど。

しかも奨励会入ったの12歳だし、香子よりずっとすごい。

米原名人の話に戻しますが、演じているのは落語家の桂枝雀さん。

枝雀さんはふたりっ子放送後の3年後に自ら命を絶っています。

長らく鬱病で苦しんでいたそうで、ふたりっ子の撮影もセリフが覚えられず大変だったらしいです。

表情も乏しくなっていたりするのが気の毒になります。

ちなみに枝雀さんの息子さん2人がミュージシャンになっててびっくりした。

グルグル映畫館のドラム、枝雀さんの息子だったのかい!

今は落語家に転職しています。

若かりし國村隼さんも登場。

そして麗子にロックオンされた海東。

山本太郎さんが御曹司に見えないんですけど・・・^^;

森山役の内野聖陽さんと逆のほうが良いんでは?

次週は腹黒い麗子が炸裂していきます。

性悪で強かなところを楽しむのが良いでしょうね。

そうじゃないとただの胸糞悪い女でしかないんで(笑)

ふたりっ子第5週(第25話~第30話)あらすじ・ネタバレ!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました