ふたりっ子第3週(第13話~第18話)あらすじ・ネタバレ!

1990年代

岩崎ひろみさん・菊池麻衣子さんがWヒロインの「ふたりっ子

正反対の性格の双子のストーリー。

子役時代はマナカナこと三倉茉奈さんと三倉佳奈さんが演じ、一躍人気子役となりました。

第3は麗子の受験はいかに?

そして香子が久々に将棋センターへ行くと・・・

今回から若かりし内野聖陽さんも登場します!

前週までのあらすじはこちら→ふたりっ子第2週(第7話~第12話)あらすじ・ネタバレ!

ふたりっ子のキャスト・相関図は?マナカナが子役出演!

第3週のあらすじ・ネタバレをご紹介します。

第3週あらすじ

第13話

香子が店番をしているとオーロラ輝子が豆腐を買いに来る。

光一に会いたいようだったがちょうど不在だった。

すると輝子はオリジナルの手ぬぐいを香子にプレゼント。

輝子が帰ったあと、光一が戻ってくる。

輝子が来ていたと聞くと興奮する光一。

千有希の祖母、可奈が亡くなったとの記事を新聞で見つけた光一は、千有希に伝える。

千有希は可奈の葬儀へ行く。

周りには千有希が故人の孫であることに気づく人はいなかった。

父の英之ですら千有希が声をかけても気づかなかった。

芳名帳を見て千有希が来たとわかった理佐子は、数日後に野田豆腐店を訪れる。

香子は自分の祖母だと知らず対応する。

千有希がちょうど出かけていると聞くと、理佐子はそのまま帰っていく。

第14話

共通一次試験を控えた麗子。

いつもどおり光一独自のルールで無言で願いを込めながら年越しそばを食べる。

千有希は麗子の受験のことで頭がいっぱいになり、毎日お百度参りを欠かさない。

麗子は予備校で親しくなった男友達と一緒に過ごしながら受験の不安を紛らす。

頼まれていないのに迎えに来る政夫に腹を立てながらも、応援してくれる気持ちは受け止めていた。

だが政夫は麗子と距離が縮まらないことを寂しく思う。

光一はオーロラ輝子が近所の劇場に来るときは、欠かさずコンサートへ出向いた。

一方、有沢家は崩壊し始めていた。

理佐子が英之の服や部屋中のものを壊して暴れる。

理佐子は英之が千有希のことを理佐子のせいにしたり、可奈の世話を押し付けたりと人として扱ってくれていなかったと不満を爆発させていた。

これまでの20年の罪を償って、と詰め寄る。

第15話

麗子の京大入試日が前日に迫っていた。

不安で眠れなかった麗子は、香子を誘って一緒に眠る。

翌朝、政夫からもらったお守りを手にして試験会場へ向かった。

将棋センターの常連客が香子に会いに来る。

誰も太刀打ちできないほど強いヤツが来た、と香子に力を借りようと言うのだ。

もう将棋はやらないと決めていたが、息抜きに行ってこいと光一の言葉に甘えて将棋センターへ向かう。

そこにいたのは森山史郎という青年。

香子は以前会ったような気がしていたが思い出せなかった。

香子が使っているコマは、少年の頃に森山が銀蔵に投げつけたものだった。

自信たっぷりの森山は飛車角落ちのハンデをつけて、香子と勝負する。

第16話

ハンデをもらったにも関わらず香子は森山にあっさり負けてしまった。

ちょうど銀蔵が将棋センターに来て2人の勝負を見ていた。

もう一局と頼み込む香子に銀蔵は「何度やっても一緒」と止めに入った。

森山が銀蔵にあいさつをする。

以前会ったときは将棋が嫌いだと怒鳴っていたのだが、なぜか将棋の世界に入ってしまったと森山は言う。

香子が負けたことは街中で話題になる。

香子は悔しさを引きずっていた。

センターの席主の梅吉に「森山はプロではなくプロの卵」と聞いて、さらに悔しくなる。

銀蔵のところへ行き奨励会に入ると宣言。

しかし女はダメだと突き放されてしまった。

第17話

森山に負けてから香子は将棋のことで頭がいっぱいになる。

仕事でもミスが増え、豆腐をひっくり返してしまったところを麗子に見られる。

麗子は光一に嘘をついて誤魔化してくれると約束。

その代わり香子も麗子の頼みを聞くことになった。

大学の合格発表を香子に見に行ってもらうが、両親には麗子本人が行ったことにしてくれという。

知らない連絡先を教えられ、結果はそこに電話をしてくれと頼まれた。

約束通り香子は京大へ。

すると森山とばったり会った。

森山は京大の学生だった。

また勝負しようと話し、掲示板へ急ぐ。

麗子の番号を見つけた香子は指示された通りに電話。

麗子は芦屋の有沢の家にいて、電話はそこで受けた。

麗子から光一たちに合格を知らせる。

近所がお祝いムードになる中、香子は「プロ将棋さしになる」と書いた横断幕を作り外に掲げた。

第18話

政夫を中心に麗子の合格祝いの宴会が開かれる。

テレビをつけると京大合格発表のニュースが流れる。

香子がインタビューを受けている映像が出てしまい、麗子はとっさに嘘をついて誤魔化した。

陰で香子が謝ると、麗子は「双子は今日までね」と言った。

香子はその意味がわからなかった。

お祝いの帰りに香子が書いた横断幕を見た光一が激怒。

香子は豆腐屋を辞めて将棋をやると告げた。

もともと将棋指しに反対だった光一は、やるなら家を出ろと言い出す。

麗子は止めに入るように「私が出ていく」と言った。

大学受験も家を出るためだったと告白し、芦屋の家で暮らすこと決めていた。

第3週の感想

今回はおとなしかった人が爆発といった感じでしょうか。

まず千有希のママが豹変。

というかもともとああいう人だったのか?

可奈さんが「私をいじめる」と愚痴ってたのも実は事実?

モラハラ受けてた妻が逆にモラハラ、っていうかDVだよな^^;

その祖母の性格を受け継いでいるような麗子の告白。

子供の頃から「大阪が嫌い、この家も嫌い」と言っていたので、有言実行したことになるんですけど。

頭が良さも活かして非常にずる賢いですね。

香子を利用して合格を確認させて有沢家に根回し。

確かに寂れた豆腐屋から京都大学に通うってのも、プライドが高い麗子には耐えられませんね。

さらに香子がやっぱり将棋を忘れられずプロを目指すと宣言。

眠っていた虎を起こしたようなことをした森山。

実は子供の頃会っていたという運命の相手?

武蔵の占いは当たるのだろうか。

少年役の役者さんと内野聖陽さんが同じ眼鏡をかけて似せてましたね(笑)

偶然にも麗子の大学の先輩だった因縁もあり、香子と森山の行方も非常に楽しみ。

将棋センターの席主の梅吉さんの出番とセリフが多かったですね。

「いとこい師匠」のお兄さん、夢路いとしさんです。

可愛いおじいちゃんで結構好きです。

いとしさんはわりと朝ドラ登場率高くて、出演していた「てるてる家族」の放送直前に亡くなっています。

そして第4週、麗子が実家を出ていき、香子もプロを目指すために家を出ちゃうのでしょうか?

ふたりっ子第4週(第19話~第24話)あらすじ・ネタバレ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました