カムカムエヴリバディ第20週(第93話~第97話)あらすじ・ネタバレ

カムカムエヴリバディ
スポンサーリンク

カムカムエヴリバディ第20週第93話~第97話)1993-1994

錠一郎がトランペットを手にして子供たちの前に・・・

そしてるいは算太と約40年ぶりの再会。

るいは「あの日」何があったのか、算太に聞くのですが・・・

3人のヒロインが100年間を演じる「カムカムエヴリバディ

ヒロインは川栄李奈さん演じるひなた

京都の街を舞台に物語が繰り広げられます。

ひなた編は安子とるいの軌跡と重なる点も多く見ごたえがありますよ。

では第20週のあらすじとネタバレをご紹介します。

第19週のあらすじネタバレはこちら→カムカムエヴリバディ第19週(第88話~第92話)あらすじ・ネタバレ

カムカムエヴリバディのキャストと相関図はこちら→カムカムエヴリバディのキャストと相関図は?

スポンサーリンク

第20週のあらすじ・ネタバレ

第93話

錠一郎はひなたたちの前で初めてトランペットを吹く。

やはり上手く音を出すことは出来ない。

昔、プロデビュー直前までいったこと、絶望してるいと別れ死のうとしたことを打ち明ける。

最初はケンカを止めるための作り話かと笑うひなたと桃太郎だったが、るいと錠一郎の表情で本当だと察する。

錠一郎は「すべての人生は続いていく」と言いたかったのだと言う。

ひなたが付き添い、桃太郎はあかにしに謝罪する。

ちょうど帰ってきた吉之丞に、桃太郎は素直に「おめでとう」と言えた。

錠一郎はこれまで時々、トランペットを手にしては吹けるようにならないかと試していたという。

だんだん手に取る時が減っていき、「トランペットがさよならと言っているような気がする」とるいに告げた。

ある日、買い物から戻ったるいは店の前にいる老人が算太だと気づく。

第94話

ひなたが帰って来ると、算太が訪問していることに喜ぶ。

るいは算太は伯父で、ひなたにとって大伯父だと説明する。

その事実に驚くひなた。

算太は回転焼きを口にして、たちばなのあんこだとつぶやく。

算太を囲んで食事をしながら、ひなたと桃太郎は勇のことも聞き「親戚が増えたみたい」と笑う。

翌朝、るいは算太にあの日どこへ行っていたのかと問うが、「忘れた」と言うだけで答えてくれない。

商店街の福引を手伝う算太。

吉右衛門に会うと、吉兵衛や幼い安子、岡山の商店街を思い出し、若い頃のように踊ってみせた。

するとその場で算太は倒れてしまう。

錠一郎は算太のかかりつけの病院に連絡。

入院先から逃げ出してここに来ていたのだ。

算太は病に冒され、もう先は長くないと本人もわかっている。

第95話

衰弱した算太はるいに「全部わしが悪い、安子は悪くない」と言う。

あかにしの清子と吉右衛門が「和菓子屋たちばなの算太」だと思い出したと見舞いに来た。

算太はるいに封筒を渡し、「メリークリスマス」とつぶやき、息を引き取る。

算太の葬儀はモモケンが執り行ってくれた。

封筒の中には昭和25年頃と昭和59年に作られた通帳が入っていた。

算太は安子と貯めたお金には手を付けていなかった。

昭和59年の通帳にはひなたが算太を店に連れて来ようとした頃から、少しずつ貯金していたことが伺える。

るいは「あの日」のことがわからずじまいだったと嘆く。

すると錠一郎が夏休みに家族で岡山に帰ってはどうか、と提案。

そしてるいは30年ぶりに雉真の家に帰る。

勇と雪衣が歓迎してくれた。

勇は相変わらず野球が好きで、るいはホッとした。

算太の遺骨が置かれると、雪衣は手を合わせた。

すると雪衣は「私が悪い」と、あの日のことを語りだす。

算太は雪衣と結婚するつもりでいてくれたのに、勇を思い続けたことで傷つけてしまったと詫びる。

るいは安子が大阪へ行った理由を尋ねると、雪衣は「算太さんを探しに行っただけ」と断言。

安子はたちばなを再建する一心だった。

そう聞いてもるいは安子とロバートの抱き合う姿が頭をよぎる。

第95話

錠一郎は算太がるいに会いに来たのは、少しでも家族と過ごしたいと思ったからだろうと言う。

その夜は食事をしながら語り合う。

勇はるいがもう岡山に帰らない覚悟だったことに気づいていた。

今、こうして帰ってきてくれたことに感涙する。

ひなたは飾ってあった写真に興味を持つ。

千吉、美登里、稔の写真を見て、「おばあちゃんの写真は?」と聞く。

すると雪衣が結婚式の写真を持ってきた。

ひなたと桃太郎は初めてみた祖父母の姿に感激。

るいは自分が使っていた部屋から、稔の名前が書かれた辞書を取り出す。

そこへひなたが入ってくる。

ひなたに安子のことを聞かれると、るいは「生き別れた」と返す。

るいは錠一郎と出かけジャズ喫茶「Dipper mouth blues」を探し出す。

店内には定一そっくりの男性がいた。

それは息子の健一だった。

孫の慎一が定一がやっていた店を一緒にやろうと持ちかけたのだという。

買い物から慎一が帰って来る。

定一の写真の前におはぎを供えた。

健一は安子は子供を捨てて進駐軍の人とアメリカに行ったと噂するが、そんなことする子じゃないと言い切る。

るいたちに安子と稔の初デートに居合わせた話を懐かしそうにする。

第97話

「Dipper mouth blues」をあとにしたるいと錠一郎。

近くの神社へ足を運ぶ。

終戦祈念を告げるサイレンが街中に響き渡った。

ひなたはるいの部屋で、昔のラジオ講座のテキストを見つける。

すると窓の外からカムカム英語の平川が声をかけてくる。

ひなたが全く英語が身につかなかったと言うと、平川は「みんな英語の赤ちゃん」と言った。

平川はラジオ英語講座を担当したいきさつを話す。

ラジオから平川の声が聞こえてきた。

「1日1日新しいことを覚えていけばいい」と英語学習のアドバイスをメモしたひなた。

神社で手を合わせていたるいは、稔の姿を目にする。

「どこの国にも自由に行き来できる、そんな世界に生きとるよ」と声をかけてくれた。

るいは錠一郎に安子を探しにアメリカに行きたいと告げた。

スポンサーリンク

第20週の感想

まさかの稔さん登場。

放送直後はトレンドワード1位がしばらく「稔さん」でしたからね。

ゴリゴリのファンタジー設定になった第97話。

朝ドラにありがちな、特定の人にしか見えない死者です(笑)

でもこれって一応、理にかなってるんですよ。

お盆の時期、終戦を告げるサイレンが鳴っている間だけ稔さんが帰ってきたってことです。

平川唯一さんについては実在する人なのでネタバレと言えるかわかりませんが、第97話は1994年で前の年に亡くなっています。

ついでに言っちゃうと岡山出身なんですよね。

ってことは、平川さんもお盆だから地元に帰ってきたわけですね。

玉音放送の英訳、これ初めて聞きました!

朝ドラの中でも本物の玉音放送が使われますが、英訳はおそらくこのドラマが初めてかな?

当時の音声だから音質悪くて聞き取りづらかったですけど、とても貴重でした。

勇と雪衣、すっかり年取っちゃいましたが、不思議と若い頃の面影があるように見えてくる。

若い時の雪衣さんはツンツンしていたけど、歳を重ねて丸くなったのかなと。

定一さんの息子、健一さんも年取って世良公則さんが演じてます。

ちゃんと演じ分けてますね、健一さんは穏やかな喋り方だったからね。

孫の慎一が供えた「おはぎ」

この包紙に「たちばな」と読める文字が印刷してありました!

勝手に「たちばな」を名乗っておはぎを売っているのか?

安子か、たちばなの味を知る人が店を立て直したのか?

健一さんは安子が子供捨てて出ていくわけないって言いますけどね。

実際、るいは安子とあの日以来会ってないからなあ。

千吉さんが安子に再婚を勧めていたとき、るいは雉真で育てるって言ってるのよね。

そう考えるとるいを「捨てていく」という考えではなく、「雉真に託す」ってことになる。

残り3週分となりましたが、怒涛の伏線回収とさらなる謎が生まれてもう目が離せません!

カムカムエヴリバディ第21週(第98話~第102話)あらすじ・ネタバレ

コメント

タイトルとURLをコピーしました