あぐり第25週(第145話~第150話)あらすじ・ネタバレ!

1990年代

田中美里さんがヒロインの「あぐり

モデルになったのは美容師の吉行あぐりさん。

女優の吉行和子さんと作家の吉行淳之介さんのお母さんです。

野村萬斎さんがブレイク、生田斗真さんが子役として出演していることでも話題になりました。

第25人生は冒険旅行

あぐりと林の関係が微妙な感じになってしまいました。

お互い悪い印象はないはずなんですが・・・

特に思春期の和子は林との接し方に困っているようです。

前回のあらすじはこちら→あぐり第24週(第139話~第144話)あらすじ・ネタバレ!

あぐりのキャスト・相関図は?子役なども紹介!

第25週「人生は冒険旅行」あらすじ・ネタバレをご紹介します。

第25週あらすじ

第145話

林は住む家を見つけあぐりの家を出ていく。

和子は自分のせいかもしれないと気にしていた。

あぐりは店舗を増やし、店名は「ビューティサロン光美堂」と改めていた。

光代と美佐の名前から1字ずつ取ったもの。

「婦人現代」の編集部へ足を運ぶあぐり。

民子は編集長として活躍していた。

淳之介は作家から原稿を受け取らず帰ってきてしまい、民子に叱られていた。

帰宅したあぐりは、理恵と洋介が遊んでいるところに出くわす。

洋介は林が毎晩のように酒を飲んで帰ってくると話す。

社会部に異動になった林はストレスを溜めているようだった。

あぐりがセラヴィに行くと林がかなり酔っている状態だった。

連続放火事件のことで噂話をしている他の客に絡んだ林は、その話に反論していた。

実は林はこの事件について取材しており、真実を知っていたのだ。

記事にするべきか悩んでいるというので、あぐりは良いと思えば記事にすればいい、ダメなら辞めればいいと楽観的な意見を出した。

帰りに林は事件現場に寄る。

すると今まさに放火しようとしている男と顔を合わせてしまう。

男は林に向かってナイフを刺してきた。

第146話

洋介から知らせを受けたあぐりいは、林を病院に連れていく。

命に別状はなかった。

林の上司が見舞いに来るが、犯人の顔写真を撮っていないと知ると激怒。

あぐりはまずは林の体を心配しないのか、と怒鳴り返す。

すると林は犯人の顔を覚えていると、実物そっくりの似顔絵を描いた。

その似顔絵が役に立ち、犯人は逮捕される。

あぐりは林の絵の上手さ、生き生きした姿で絵を書いていた姿が忘れられなかった。

民子にこの話をすると、林は元画家だったという。

亡き妻に生活を支えてもらいながら描いていた。

妻が亡くなってからは絵を描くことを辞める。

林が退院し、青森に転勤になったと聞いたあぐり。

林に会いに行くと、社会部ではなくのんびりやりたいと希望を出したのだとあぐりに話す。

そしてあぐりが好きだから、そばにいるのがつらいと思いを告げる。

第147話

あぐりは支店のある大阪、神戸へ行ったついでに岡山に寄る。

望月家を訪れたが、健太郎が死んでから磯辺が認知症になっており、あぐりのことは忘れてしまっていた。

林が描いた絵があるというカフェ「シラノ」について聞いてみた。

すると磯辺が何か思い出したような様子。

林が青森へ行く前日、あぐりはシラノのマスター近藤から絵を借りてきていた。

林の妻が譲っていたものだった。

妻は林がまた絵を描くようになったら応援してくれと、言い残していた。

あぐりは亡き妻も絵を描くことを望んでいると言う。

1週間後、青森に行ったはずの林が店に現れ「結婚してほしい」と告げてきた。

第148話

林の突然のプロポーズに、あぐりはなぜか「お疲れ様」と言ってしまう。

沢子や弟子たちも聞いていたので、あぐりはどうするつもりなのかと騒ぎ立てる。

その後、林が大きなキャンバスを持って訪問。

あぐりをモデルに絵を描きたいと言う。

仕事を辞めたという林が、これからどうするのか気になり声をかけるが、林は絵に没頭して返事をしない。

その夜、あぐりは美容室のイスに座り1人で考えていた。

するとエイスケが「君のしたいようにすればいい」と言う声が聞こえる。

あぐりは林との結婚を決める。

淳之介は反対するつもりはないが、すぐには受け入れられない。

式の当日、遅れてきた淳之介とともに家族写真を撮影。

第149話

結婚生活が始まり2週間が経過。

理恵や洋介はあぐりと林が他人行儀な呼び方をしているのが変だと言う。

恥ずかしいので呼び方は変えないと2人は答えた。

和子は林のことを受け入れられず「おじさん」と呼び続けていた。

和子は学校行事に父親の出席をどうしようか悩んでいた。

淳之介に頼んでみたが断られてしまう。

淳之介は和子が林との関係に困っていると気付き、林に直接「和子にとって父親であるエイスケは特別だった」と話す。

林は和子の誕生日にて料理を振る舞った。

しかし和子はセラヴィで森と会い、誘われるままチェーホフの舞台を見に行ってしまう。

すっかり帰りが遅くなってあぐりと林は心配していた。

すると林は和子を叱りつける。

あぐりは和子に林は父親になろうと頑張っているのだと伝えた。

林の思いに気づいた和子は、学校に来てほしいと頼む。

第150話

あぐりは相変わらず忙しくしていた。

林はまだ仕事がないので肩身が狭い。

電話に出た後、林はセラヴィに行き見かけない女性と親しげにしていた。

世津子と森は特別な仲かと怪しんでいた。

その女性は新聞社時代の同僚で、連載小説の挿絵を頼んできただけだった。

この話は正式に決まってから家族に話したいというので、世津子と森は和子には黙っていた。

ある日、林がめかしこんで花を持って出かける準備をしていた。

和子と理恵は怪しいと思い、淳之介から聞き出してもらおうとするが失敗。

理恵が仮病を使い林を引き止めた。

仮病がバレてしまうと、問い詰められた和子は林が別の女性との関係を疑っていると打ち明けた。

その日は亡き妻の命日だった。

花束は妻の好きだった花。

それを知ったあぐりは、自分も墓参りに行きたかったと怒る。

何でも話してほしいと言って和解する。

第25週の感想

このあたりからそれほどストーリーに大きな展開がありませんね。

あぐりの再婚は実際と同じです。

吉行あぐりさんはさんという方と再婚しています。

辻さんもあぐりさんより先に亡くなり(それでも90歳まで天寿を全うされてます!)、その後「吉行」姓に戻しています。

結婚前の姓じゃなくて、吉行に戻した理由が不明です。

子どもたちが吉行姓のままだったからかな?

ただ辻さんについての情報もほとんどなくて、あぐりさんが多くを語ってないんでしょうか。

なのでドラマの「林晃」のエピソードはオリジナルです。

新聞社勤めだったのは史実通りです。

難しいお年頃の和子が林との関係に悩みます。

実際は理恵さんのほうが新しいお父さんと馴染めなかったらしいですけどね。

エイスケのことはほとんど覚えてないっていうシーンがあったのに、淳之介が「和子にとって父は特別」とか言っちゃってます。

そんなことないんじゃない?と思いながら見てましたけど。

このドラマがちょくちょく矛盾しているのは今更なので、まあいいんですが。

なんやかんやあって林は画家に復帰。

あぐりのほうも仕事は順調。

それでもちょっとしたすれ違いのようなものが起きてしまうんですねー。

次週は最終回!

最後だってのにまたびっくりな展開がありますよ。

あぐり第26週(第151話~第156話)あらすじ・ネタバレ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました